バイアグラの効果、副作用、服用方法について

バイアグラの効果ですが、男性の性機能の改善です。勃起力の低下に悩む男性に適しており、服用する事で、性行為の時、ペニスが正しく立ち上がるようになります。加齢によるED症状から、ストレスによる勃起力の低下、生活習慣に由来するペニスの中折れまで、バイアグラの効果を受ける事で安定した男性機能が取り戻せます。
性欲や興奮を掻き立てる効果はありません。バイアグラはあくまで勃起力の発現を補助する医薬品です。そのため性行為をしたい、という気持ちがある時のみ、ペニスが自然と立ち上がります。服用後、本人の意志とは別に勝手にペニスが勃起する事は無いです。
バイアグラの服用方法ですが、普通の医薬品と同じであり、水やお湯と一緒に飲みます。小さな錠剤を1つ飲むだけです。服用方法として推奨されるのが空腹を感じている時間帯です。空腹時にバイアグラを飲む事で効果が強く素早く現れやすくなります。また空腹時ではなくても、食前に服用するようにしましょう。
主成分のシルデナフィルは食事に含まれるアルコール成分や油分に弱いためです。食後にバイアグラを服用すると、EDを治す効果が劇的に下がってしまいます。また性行為の時間から逆算し、1時間前に飲むのが服用方法としては最も良いです。

バイアグラは大変安全なED治療薬です。しかし、一方でどんな治療薬にも服用してはいけない人々がいらっしゃいます。シルデナフィルという強力な成分を含むバイアグラは、一部の人々の服用が固く禁じられています。例えば、未成年の男性は服用してはいけません。飲めるのは早くても20歳からです。
またバイアグラは勃起を促す製品であり、ペニスを持たない女性も服用は認められていません。そして成人男性でも、心臓疾患などを患っている方は、バイアグラの服用が禁じられている事が多く、必ず興味がある方は先に主治医に相談しましょう。ED治療薬と心臓疾患のお薬は相性が最悪であり、併用不可です。
バイアグラは短時間で男性のペニスを勃起させ、およそ5時間程の持続時間を発揮します。その程、持続時間があれば、一夜にわたり落ち着いて女性とベッドを共に出来ます。ただし、健康体の男性でもバイアグラには副作用がありますので、出来れば体調が良い日を選んで服用したいところです。
バイアグラには頭痛や筋肉痛、火照りや目の充血や鼻水の増加、鼻づまりやたちくらみや色の見え方が変わる等の副作用が見られます。個人差があり、副作用に見舞われない方もいますが、EDが治る過程で体調に変化は現れやすく、飲むのは安静な姿勢がいつでも取れる、プライベートな場所にしましょう。